Quoridorn-mark2の雑な導入手順(a80~差分)

先日投稿した、「Quoridorn-mark2の雑な導入手順」では9/3に更新されたclient-a80、server-a50は、うまく導入できないので差分説明

quoridorn-serverとquoridorn-mark2の設定ファイルの修正


README.mdにある通りに、git pullで入手できる設定ファイルが.example付きのファイルになっているので、このファイルを.exampleを除いたファイル名に変更してコピーし、自鯖向けに修正。configとmessageディレクトリにそれぞれ設定ファイルがいくつかあります。

サーバーの不具合?


npm install bcryptで、追加モジュールを導入。(package.jsonの記載不具合だと思われるので、開発者には報告済み)

サーバーの大きな変更点


server.yamlの追加設定項目で、web-api用の設定項目が増えていますので、前バージョンからserver.yamlを再利用する場合は、server.yaml.exampleに追加されているweb-api用の以下の設定を追記が必要。

# 【注意】
# この設定値は必ず書き換え、他人に漏らさないこと。
# 万が一このパスワードが漏れた場合、WebAPIを使って管理者権限でいろいろ操作できてしまいます。
# 例)部屋のパスワードを無視して部屋を削除など。
#
# 【説明】
# WebAPIで管理者権限を使うためのパスワード
webApiPassword: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

# WebAPIのリクエストURLの一部。
# 前後に / は入れないでください
webApiPathBase: web-api

# WebAPTのトークンの有効時間(単位:秒)
# デフォルトは 5分(60*5)
webApiTokenExpires: 300


また、log4js_setting.jsonで、ログの保管先やローテーションルールを変更したい場合はこれも変更。デフォルトで良ければlog4js_setting.json.exampleを.exampleを除外してコピー。storage.yamlの設定項目は前バージョンと同じ。

Clientの大きな変更点


同じく設定ファイルが、public/static/confのディレクトリに、.example付きで置いてあるので、.exampleを除外したファイル名にコピーして必要箇所を編集。これは設定項目そのものは前バージョンと同じなので前バージョンの設定ファイルをコピーしてもOKです。

nginxの設定変更


quoridorn-serverで、websocketのリクエスト(/socket.io/xxxx)とREST-API用のリクエスト(Websocket以外かつ静的ファイルがないやつ)とを振り分け直す必要があるので、以下のようにnginxの設定を変更

map $http_upgrade $connection_upgrade {
default upgrade;
” close;
}
server {
listen 80;
listen [::]:80;

root /home/quoridorn/dist;

server_name quoridorn-test.onlinesession.app;

location / {
try_files $uri $uri/ @express;
}

location @express {
proxy_set_header Host $host;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
proxy_set_header X-Forwarded-Proto https;
proxy_set_header Proxy “”;
proxy_pass_header Server;

proxy_pass http://127.0.0.1:8180;
proxy_buffering off;
proxy_redirect off;
proxy_http_version 1.1;

tcp_nodelay on;
}

location /socket.io/ {
proxy_set_header Host $host;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
proxy_set_header X-Forwarded-Proto https;
proxy_set_header Proxy “”;
proxy_pass_header Server;

proxy_pass http://127.0.0.1:8180;
proxy_buffering off;
proxy_redirect off;
proxy_http_version 1.1;
proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
proxy_set_header Connection $connection_upgrade;

tcp_nodelay on;
}

location /s3/ {
# minio settings
proxy_set_header Host $http_host;
proxy_pass http://localhost:9000/quoridorn/;
}
}

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です