[連載1]どどんとふが重い?

このblogが稼働している裏で、密かにサービス提供をしているどどんとふ公式サーバーについて、事あるごとに「重い」とか「遅い」とか言われますが、どこが重いのか、なぜ重いのかを解説したいと思います。

どどんとふの通信の仕組み

どどんとふを利用しているほとんどの人がご存知の通り、WEBブラウザ上のFlashプラグインで動作するFlashアプリとWEBサーバー上のCGIで動作するサーバーアプリがセットになったもので、その間をチャットデータや画像を送受信しています。

この通信経路をざっくりと表現したものが以下のイメージです。

Client2Dodontof

この1から10のどこかが遅いのですが、まず、1-5が原因で遅い場合は利用者側で対処すべき問題で、公式鯖は無実ですし、他鯖を使おうが自鯖を持とうが関係ありません。

1: 自宅のPC

1.6MB程度のswfファイルですが、「艦これ」ほどではないにしろ、それなりに重いFlashコンテンツです。とはいえ、2016年時点で3~4万程度のNotePCどころか、2万円以下のスティックPCでも使えますので、これが重いようなPCならそのPCを買い替えてください。

2: 自宅内のLAN

古い812.11bや無印の802.11なんてさすがに残ってないでしょう。また、利用者が多すぎてチャンネルが干渉しまくりとかAPまで遠くて信号レベルが低いとかなら、5Ghz対応にするなりAPやPCの配置を見直すなり有線LAN使ってください。有線でもまさか10MbpsのバカHUBとか、10Base-5とかトークンリングとかなら問題外ですが、さすがにいないと思いたい。

3: 自宅のブロードバンドルーターと4:ISPへの回線

モバイル回線で使いすぎて200kbps規制中とか、NTT局まで異様に遠くてノイズだらけのADSLとかだとまともに通信できない場合があります。

5:ISPとインターネットとの接続ポイント

安すぎるプロバイダーや一部CATVやホテル・ウィークリーマンションのインターネットサービスなどで、まれに壊滅的に遅い場合があります。最近は改善されつつあるらしいですが、格安MVNOの混雑時間帯なども要注意です。

1~5については、特に酷い事例を挙げましたが、普通にPCからYahooトップやYoutubeで動画が見られる程度ならまず問題になることはないでしょうが、そうでなければどどんとふは関係ないので、まずそっちをなんとかしましょう。


次はいよいよ公式鯖に接続する時に6-10が遅くなる場合です。(ここからは公式鯖の話ですから、自鯖や他サーバー利用者は6-10がレンタルサーバーなり他サーバーの設備や混み具合に依りますので参考程度にしてください)
まず、これまでの最大ピークであった1300人が同時に公式鯖にログインしている状態っていうのは、以下の図ような状態です。
Client1300
普通に考えたら1~6のどっかが詰まりますよね?どこが詰まったのでしょうか?

6: インターネットとISPの間

ぶっちゃけここが遅い原因になるはずはないと思っています。公式鯖が利用しているISPは、eo光を使っていますが、ケイ・オプティコムはここに記載があるように国内トップクラスのバックボーンネットワークを持っています。

7: ISPと公式鯖のある自宅間

eo光でも1Gコース戸建てプランで、しかも自宅周辺はお年寄りばかりでインターネット回線もほとんど使われていないので、おそらくほぼ1Gbpsを占有して使っています。ブロードバンドスピードテストでも上下共に500Mbps近く出ます。(1300人ログイン状態でも公式鯖で使われた帯域は瞬間最大値でも20Mbps程度)

8: 公式鯖のルーター

ラトビアから輸入したRB3011UiAS-RMを使用しています。1300人同時ログインしていた時もCPU使用率は3%ぐらいという無敵のルーターです。NATセッションについても30000セッションぐらいは捌けるようです。(1300人ログイン状態でも2500セッション程度)

9: 自宅内LAN

さすがに、お金がかかるので10Gbeは無理ですが、全てGigabitイーサネットでジャンボフレームも設定しているのでほぼワイヤレート(1Gbps)が出ます。ピーク時の20Mbpsちょいを捌くには何の問題もありません。

10: 公式鯖の処理能力

結論としては、サーバー側が重い原因は、この処理能力にあります。
といっても、サーバー内部も色々なコンポーネントに分かれますし、原因も対処もいろいろありますので、次回以降にまた少しずつ書いていきたいと思います。

[連載1]どどんとふが重い?” への2件のフィードバック

    1. クレームなんて出てないよ。Twitterとかでどうすりゃより大人数を快適に処理できるかっていう話が出たので、それをまとめるための前振りです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です