オンセツールいろいろ

昨日ツイートしたオンセツールについて色々と補足

PC向けP2Pタイプ(自鯖可)

WebRTC+SkyWayなP2P通信なので、サーバー上には共有データやコード等の静的コンテンツのみなので、当然自鯖設置可。APIキーさえ取得できればレンタルサーバーだけでも可。NTT-COMのSkywayが前提なのと、WebRTCのP2P通信はフルメッシュなので同一部屋の利用者数が増えるとトラフィックが爆増し、誰か一人でも重い回線の人がいると全員の応答が悪くなる。


  • ユドナリウム・・・3Dマップがカッコイイ。大きな不具合も少なく非常に多機能。ただしPCが貧弱だと辛い&スマホ不可

  • Quoridorn・・・UIはどどんとふそっくり。まだ開発初期なのでかなりの機能が未実装かつ不具合もそれなり。スマホ不可

スマホ可なオンセツール(自鯖可)


  • オンセン・・・PHP+Ruby。PHPのみだとダイスボット利用不可。ソース公開されているのはセッション機能のみ、SNS機能は本家と連携する必要あり。

  • ねこ卓・・・nodejs+MongoDBまたは、静的HTML/js+Firebase。PCでも遊べるけどスマホ寄り。

  • Onset!・・・PHPでDB不要。ダイスボット利用にはBCDice-APIまたはRubyCGIが必要。チャット機能+ダイスボットのみなのでめっちゃ軽量。ただし、ここ1,2年はメンテされていないっぽい

  • Saider・・・nodejs+redis。共有メモとダイスロールのみでチャット機能すらない尖ったツール。ただし、ここ1,2年はメンテされていないっぽい

  • どどんてぃ・・・nodejs。残念ながら実用段階前のまま開発止まってます

  • HTML5版どどんとふ・・・スマホ利用はかなり厳しい。どどんとふの自鯖にHTML5版を置くとFlashなしでも遊べるようになる。要どどんとふ自鯖。全ての機能が移植されているわけではない。rubyのサーバー部分もnodejsへの移植を実施されているけどこちらはまだ開発初期で実用前

  • ひよんとふ、Lotus・・・どどんとふのスマホ向けHTMLのフロントエンド。ただのフロントエンドなので別途どどんとふ自鯖が必要。


上記のうち、どどんてぃ以外はどどんとふ公式鯖でお試し可能。

スマホ可なオンセツール

クローズソースなので自前設置不可&コード見られないのでよく知らない


  • ココフォリア・・・ただしオープンソース化する可能性はあるとのこと

  • Roll20・・・海外の商用サービスなので基本英語。一部機能は有料。利用者数はぶっちぎり世界一。

  • たぶるく

  • 炬燵・・・Javaアプリ。自鯖設置はポート開放が必要。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です