Linux-HA

マストどどんとふドンとねこ卓の構成を見直すためにdrbdとpacemakerで冗長構成にしたLinuxを作成。

一番のハマりどころだったのは、pcsでサービスのresource定義をする際に、systemd:postgresqlではリソースがオンラインにならず、lsb:postgresqlじゃないと動かなかったところ。これでちゃんと動いたらDBMSが冗長構成にできるので、後はフロント部分を先日構成したGlusterFSのWebサーバーに載せれば冗長化は完了。でも、k8sも興味深いけど多分はまるので後回し。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です