ThinkCenter M75q-1 tiny

3日前に届いたThinkCentreM75-1 Tinyです。価格comモデルを例のクーポン使って32800円+スタンド600円で購入。ACアダプタはGPU使わないので標準の65Wをそのまま使って、とりあえず様子見です。このお値段とこの小ささとメンテナンスのし易さは自作では出来ない良さ。10GbEとかGPU駆使するとかストレージ大量搭載しないのなら自作する必要ないんじゃないかな?


メモリはさすがに足りないので32GBと導入し、SSDは自宅にあったNVMe 256GBのSSDに換装しとCrucialのBX500 (40GB)も取り付け。OSは、例によってProxmox VEを導入し既存のProxmoxのClusterに参加。大きな問題ではないけど、他のPCに比べてRTCの精度が悪いのか、何度時刻補正してもCephのMonitorがClockSkewのWarningを出すのが気になるところ。0.1s未満なので実用上はまったく問題ない。NVMeの256GB部分にProxmoxをインストールしてBX500と余っていたUSB接続の1TBHDDをCephのOSDに設定。HDD/SSDの混載は推奨されていないらしいので、問題が多そうならHDDのOSDは取り外すかも。

今のところ3日ほど稼働させているけどRTCの誤差以外には問題なく稼働中。メモリをさらに増やして64GBにしたり、USB接続の2.5GbEをさしたり、SSDをさらに増設するかは悩み中。

Proxmoxのリソースもすげー増えた。どうしてこうなった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です