Mikrotikの10Gスイッチ

Mikrotikの格安10GスイッチCSS610-8G-2S+INが届きました。Eurodkで注文からラトビアからFedExで約1週間ぐらいです。

10GのSFP+が2ポートと、1Gが8ポートで、1Gのうち一つがPoE入力対応です。RouterOSではなくSwOSliteが採用されていて、ルーティング機能はないのでいわゆるインテリジェントL2スイッチ。中身詰まってるの?ってくらい軽い。ACアダプタとPoEで電源は冗長化が可能らしい。
管理機能はIPv4のみ。VLAN/LAG/ミラーポート/RSTP/ACLなどの一通りの機能は付いてる。他のインテリジェントL2スイッチと比べて足りない機能はSSHやシリアルなどのCUIコンソールと802.1xの認証ぐらいかな?
初期に入っていた2.13のFWには、SFP+がリンクアップに失敗するという不具合があったけど、2.14に更新したら直った。
2台で空輸の送料込みな16000円くらいなので、控えめに言っても安すぎる。
消費電力がメチャクチャ小さいので、NetgearのS3300-28Xと置き換える予定。これも消費電力は大きいわけじゃ無いけど、ファンがちょっと五月蠅いのとこんなに機器構成を見直したのでこんなにポート要らなくなった。






VR用のメインPCが10Gで繋がるようになったので、こんなに高速になったよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です